気になる匂い

成功する

俗に言う「わきが」とは、医学的には腋臭症と呼ばれますが、病気とは一切関係がありません。しかし、世の中にはわきがで悩む人が多いのも事実です。特に、日本人は体臭に敏感で、わきがを不快なにおいと認識している人も多いのです。 ですから、わきがを持つ人たちは、臭いに対してコンプレックスを抱くようになるのです。ひどくなると、人前に出ることを嫌ったり、対人恐怖症になってしまうケースもあるのです。 それでは、どうしてわきがが発生するのでしょうか。これには、脇の下にあるアポクリン腺という汗腺が関係しています。アポクリン腺から分泌される汗は、元々無臭ですが、この汗を皮膚にいる常在細菌が分解することでニオイが発生してしまうのです。

わきがで悩む前に、有効な対策を取りましょう。まずは、比較的簡単にできる対策から始めてみましょう。それは、脇の下を消毒薬で殺菌することです。アルコールなどの消毒薬で腋の下を拭くことで、ニオイを発生させる細菌を殺菌することができるのです。また、市販の制汗剤などを使って汗を抑える方法もあります。 ただし、これらの方法は一時的な対策に過ぎませんから、暑い夏などは特に、頻繁に行う必要があります。 そして、根本的な対策を取るのであれば、美容外科クリニックに行ってアポクリン腺を摘出してもらう方法もあります。これには、観血的に手術を行う方法と、皮膚の上からマイクロウェーブを当てて行う方法があります。まずは、インターネットでわきが治療について調べてみてはいかがでしょうか。